化粧品OEMって結局なんなの?

化粧品OEMって結局なんなの?

「OEM」(originalequipmentmanufacturer)は、商品を生産する力がない会社の商品製造をOEM(受託製造)会社が請け負う企業間の取引です。ある意味販売元の会社に委託されました、OEM会社が製造したものを指します。

さらに、化粧品業界以外では、電機やコンピュータ、自動車業界などでもOEMが行われています。化粧品業界でよく見られるOEMとは、どんな仕掛けなのだろうか。

化粧品業界の場合は、化粧品製造のノウハウや技術がないとしましても、OEMによりましてオリジナルブランドの化粧品を販売することができます。商品を全世界に向けまして大量に売り出やりたといった企業もあれば、記念品を作りたくなったので少数でという依頼もあって、OEM会社はオーダーメイド感覚で化粧品を製造しているのです。

化粧品には「OEM(オーイーエム)」と呼びます製品があるのです。化粧品の開発から製造まで一貫して委託するだけで、設備投資などのコストを抑えてオリジナルブランドを作ることが出来るOEM会社の多くは小ロットでの生産にも大量生産にも応じているため、在庫を抱えるリスクがない製品化が決めた後に必要な薬事申請を製造元が行ってもらえる化粧品業界ではOEMが多く行われいるが、化粧品をOEM会社で製造することにより、如何にいうなメリット・デメリットがあるのだろうか。